日本ピューリタニズム学会規約

第1条 本会は日本ピューリタニズム学会 (The Japanese Association for Study of Puritanism) と称する。

第2条 本会はピューリタニズムおよびそれに広くかかわる諸分野に関する研究を促進し、研究者の相互交流を図ることを目的とする。

第3条 本会は、前条の目的を達成するために下記の活動を行う。

1. 研究者相互の連絡および協力の促進
2. 総会、研究会、講演会などの学術的会合の開催
3. 国内および国外の関連諸団体との交流および協力
4. その他、本会の目的に合致すると理事会において認められた活動

第4条

1. 正会員は、ピューリタニズムおよびそれに広くかかわる諸分野に関する研究に携わるもので、会員2名の推薦を受け、なおかつ理事会において入会を認められたものとする。なお、学生は大学院に在籍するものであることを原則とする。
2. 賛助会員は本会の目的に賛同して、その事業を援助する個人または団体とする。

第5条 会員は理事会の定めた入会費および会費を納めなければならない。
会費を2年以上滞納したものは、理事会において退会したものとみなすことができる。

第6条 本会の運営のため、以下の役員を置く。

1. 理事 若干名 うち1名を会長とする(会長は理事会において互選する)。
2. 監事 2名
なお、役員の選出方法については別途に定めるものとする。

第7条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第8条 会長は本会を代表する。理事は理事会を組織し、会務を遂行する。

第9条 理事会は年1回会計を監査する。

第10条 本会は原則として年1回定期総会を開く。総会は本会の最高決議機関であり、その議決は本規約の変更のほかは出席会員の多数決による。総会は以下の時効の審議と承認を行う。

1. 本会の事業計画と予算
2. 本会の事業報告と決算
3. 監査報告
4. 役員の選出
5. 規約の変更
6. その他

第11条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。

第12条 本会の事務局は理事会が推薦し、総会により承認された機関におく。

第13条 本規約の変更には、総会においてその出席会員の3分の2以上の同意を要する。

(2006年6月23日 第一回総会において改正)

学会費

年会費(年額)は、一般会員: 6,000円 大学院生会員: 4,000円
(当学会の会計年度は4月1日に始まり、3月31日に終わります。)